第四回 熊本市「歴史まちづくり計画」協議会

投稿日:

以前の投稿、『熊本市「歴史まちづくり計画」パブリックコメント募集開始』でお知らせしましたように、熊本市の「歴史まちづくり計画」についての市民の意見が求められ、その意見をどの程度、どういう形で反映させるべきかについて、 2月17日(月)10:00から、市役所駐輪場8階会議室で第4回歴まち協議会が開催されました。

募集されたパブリックコメントについては、熊本まちなみトラストはNPO法人としての意見書に加え、個人としても8名のメンバーが意見書を提出し、大きな貢献ができました。個人として提出されたもののうち、執筆者の合意が得られた7名の方の意見書33頁をまとめてご紹介します。

会議は配布資料に沿って進められ、対象地区の範囲や指定の内容についての協議が行われました。詳細は配布資料をご覧ください。

なかでもパブリックコメントについては「14名から内容のまとまりごとに155件」の意見が出されたことが報告され、その多くが市が策定した計画案に反映されることとなったことは、大変意義深いことです。特に、資料の第2項では「計画の推進体制」の見直しがなされ、私たちのようなNPO法人が推進体制図に盛り込まれたことは特筆に値します。

熊本まちなみトラストでは、今後も継続して熊本市の「歴史まちづくり計画」の推進に注目し、実際に計画が策定されて推進される際には、参画して貢献していきたいと考えています。

皆さんの参加とご支援をよろしくお願い致します。

尚、文中に空色のリンクでご紹介した関連文書のPDFを下記にあらためて示します。いずれも閲覧・保存して頂けます。

当日の配布資料のPDFはこちら
熊本まちなみトラストが提出した意見書のPDFはこちら
メンバーが個人として提出した意見書のまとめのPDFはこちら

-お知らせ, 歴史まちづくり部会

Copyright© NPO法人 熊本まちなみトラスト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.