古川保さん、荒木精之賞、受賞!

投稿日:

8月21(土)の熊日新聞で、トラスト会員で川尻で設計事務所をなさっている古川保さんが、荒木精之賞を受賞されたことが発表されていました。まことにおめでとうございます。
古川さんは木造建築を中心に、古建築や町並みの保存に長年関わってこられ、地元川尻の瑞鷹の古い建築の保存にもずいぶん努力されてこられました。のみならず、熊本から新しい木造建築の開発を提唱され、行政も巻き込み構造規準づくりなどにも関わられ、さらに関連の伝統技術者の方々を糾合して組織を作られ、一緒に建築活動をしてこられました。
熊本という風土と歴史を踏まえ、明確な自己の建築哲学を持ち、伝統の建築の継承と新しい建築の創造を通じて熊本の建築文化の興隆に尽力してこられたことに、敬意を表し、またそれを今後に伝えていかれることを期待しています。

-お知らせ, 歴史まちづくり部会

Copyright© NPO法人 熊本まちなみトラスト , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.