NPO法人熊本まちなみトラスト 第4回理事会議事録

投稿日:

日 時  2017年5月22日(月)18:30~20:30

場 所  熊本大学まちなか工房

参加者  理事10人、会員2人、事務局職員1人 計13人

1.NPO法人設立の経緯と予定

(1)経緯

  1. 1月17日アイポート相談開始~
  2. 3月26日設立総会。
  3. 4月17日アイポートに最終書類提出
  4. 縦覧:4月19日~1ヶ月

(2)今後の予定(事後連絡を受けた)

  1. 認証:5月25日
  2. 登記:認証から2週間以内(6月8日まで)に登記

2.情報発信

正式発足したらHP(ホームページ)は必要

(1)外注するとすれば・・・(参考)

費用:15~30万円+保守管理4~5万円/年間

(2)コンテンツは・・・

活動理念/活動状況/支援要請/・・・

(3)担当理事は

松波さん・吉野さん・・・お願いします。

3.財政力強化

(1)ジャパンプラットフォームの助成

5月22日採択通知(別紙通知書)

・当会(トラスト)の目的:事務局員人件費の補填

(2)WMF(ワールド・モニュメント財団)

5月18日:トラスト→日本代表→NY本部:最終追加資料の送り込み

・6月、採択・不採択が判明する見通し。

・日本代表からはかなり押してもらっている。

(3)その他、助成申請予定

4.当面の活動方針

(1)例 会

  1. イベントと理事会を交互に行う
  2. 5月は・・・7(日)文学・歴史館訪問(イベント)+本日22(月)例会・理事会
  3. 6月は・・(予定)12(月)延藤先生講演会(イベント)+26(月)例会・理事会

(2)町屋の復旧・復興支援

  1. 森本襖表具材料店の解体と移設(宮野理事報告)
    ・5月26日(実際には29日になった)工費解体着工前に
    (5月25日)ファサードばらし、島田美術館に移設・保存
    ・人吉・西原の工務店に依頼
    ・日本画(にっぽんが)の山本太郎氏の協力「地震で失われた記憶の・・」
    森本表具店にあった襖紙に描いた絵を、11月に島田美術館で展覧
    ※森本襖表具材料店は、ライトアップや町屋巡り等、様々に連携してきた。
  2. 被災文化遺産連絡協議会の動き(宮本理事報告)
    ・これまでの市議会への請願(2月)等に加え、
    ・5月12日、熊本市文化振興課に市長への要望についての相談
    ・3つの視点から別枠の支援策が必要
    1) 文化財、2) 景観、3) 観光*
    *熊本市震災復興計画P31では、「シティセールスと観光戦略の展開」の中で、新町・古町・川尻地区について、早期復旧のために必要な支援を行う、と記述
  3. 新町古町復興プロジェクトの動き(吉野理事報告)
    ・復興ベースは、24日から会議に使える・・・24日は久しぶりのプロジェクト会議
    ・高校生とのコラボ・・・第一高校、千原台高校
    ・小学生にドラムのワークショップ
    ※同プロジェクトは、当会の連携団体

次回以降の例会予定

6月12日(月)18:30~20:00 熊本大学まちなか工房 延藤先生幻燈会

6月26日(月)18:30~20:00 熊本大学まちなか工房 通常理事会

-定例会・理事会報告

Copyright© NPO法人 熊本まちなみトラスト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.