NPO法人熊本まちなみトラスト 第2回理事会議事録

投稿日:

日 時  2017年4月24日(月)18:30~20:40

場 所  熊本大学まちなか工房

参加者  理事11人、会員2人、事務局職員1人 計14人

1.報告事項

  1. 「被災文化遺産」のTV放送:
    1. テレビNHKニュースウォッチ9(4.14放送)
    2. NHK視点論点に矢野理事出演(4.21放送)
    3. アベマTV(4.20ごろ放送)吉野理事
  2. 被災文化遺産協議会
  3. 復興プロジェクト
  4. ワールド・モニュメント財団(WMF)

2.審議事項

 (1)情報発信力の強化について

  1. 松波理事からfacebook投稿について報告・・・ヒット数増加
  2. 当会活動の位置づけ・・・本日資料P2,3,4,5,6に沿って松波理事説明
    熊本県および熊本市「復興計画」の中での位置づけ
    →文化財基金の運用を迅速化する(後述)ために当会が中間支援団体としての役割を果たす必要がある。また、行政も中間支援団体の必要性を認識していただく必要がある。
  3. 民都機構の「住民参加型まちづくりファンド」について冨士川理事説明(P8-10)
    →ファンド自体もさることながら、情報発信力を高めるために有効
    →熊本市の基金と同額を国(民都)が上乗せする、という仕組みなので、市の協調が不可欠・・・伊藤理事長が熊本市に相談
    →審査委員長は西村幸夫氏(日本イコモス国内委員会会長)なので矢野理事から相談

(2)財政基盤の強化について

  1. 支援申請(予定も含め)状況について事務局から説明(P12)
  2. ジャパンプラットフォームの助成は申請済み・・・5月中旬に採択の可否判明
  3. 他の支援団体等理事全員が手分けして探す
  • 手弁当で活動を続ければ、支援等は必要ないのではないか。
  • そのような方法で20年間、任意団体の活動を続けたが、今後、NPO法人として活動を続けるためには、事務局人件費を含む活動費の造成は必要。→了承

2.報告事項

(1)TV放映

  1. 熊本地震から1年が経った4月中旬に、取材・放送がいくつかあった。
  2. 震災を風化させず、支援を訴えていくために報道の力を借りることは必要。
    昨年9月、復興プロジェクトは、東京・吉祥寺でのイベントで熊本地震の被災状況報告を行ったが、「復興終わってるんでしょう!」という反応に唖然とした経緯がある。

(2)被災文化遺産所有者等連絡協議会の動向

  1. 毎週火曜日の夜に幹事会を開催している。
  2. 先週から熊本県・熊本市担当者も参加いただいている。
    4月18日幹事会出席者は以下のとおり(略)
  3. この会の事務局支援を当会(まちなみトラスト)が担当していることは、中間支援団体としての中核的役割と位置づけられる。
  4. 今後、文化財基金からの支援を早く実施できるように取組む必要がある。
    取り組みの方向は、

1)行政担当者と連携して事務作業を前進させる

2)協議会から市長への要望を支援する

3)トラストから市長への要望も検討する(伊藤理事長、矢野理事)
・・・・登記が済んだ時点でのごあいさつ、でもよいか

(3)新町古町復興プロジェクトの動向

時間不足で審議できず

(4)ワールド・モニュメント財団への支援申請経緯

時間不足で審議できず

(5)その他

  1. 中小機構の「商業活性化診断」・・・機構内部で申請中(P13-14)
  2. 講演会「熊本の漱石」5月13日(土)・・・藤本理事から案内
  3. ワークショップ「歴史的環境とコミュニティの持続」をテーマにエジプト・カイロの研究者とまちなみトラストとが意見交換 5月21(日)午後@PSオランジュリ
  4. 森本襖表具材料店が5月26日 解体開始予定
    ファサードの一部を島田美術館に移設予定

次回以降の例会予定

5月7日(日)11:00~  くまもと文学・歴史館(県立図書館)

5月22日(月)18:30~20:00 通常例会/理事会  熊本大学まちなか工房

-定例会・理事会報告

Copyright© NPO法人 熊本まちなみトラスト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.