NPO法人熊本まちなみトラスト 第52回理事会議事録

投稿日:

この議事録のPDFはこちら 当日の議案書のPDFはこちら
新規ニュースレター案 参考資料①  

□ 日 時  2021(令和3)年8月23日(月)18:00~19:30
□ 場 所  県民交流館パレア9階  会議室2
□ 参加者  理事9人(委任出席を含まず)
青木勝士/麻生田栄壽/竹田宏司/鄭 一止/豊永信博/冨士川一裕/松波大仁/三國隆晶/山田穣
9人 (三國理事途中退席)
委任状出席者※=11人を加えた理事出席者数20人(理事総数 24人中)

議長席に竹田副理事長が着き、議事録署名人に山田理事と青木理事を指名し、議事に入る。

1.9月予定の例会・研究会@川尻

(1)中止とする

①9月12日までまん延防止措置
②会場予約できない
③準備期間がない

(2)今後の方針

①少し時間をとる(ゆったり構える)
・来年度でもよいのでは
②9月例会(やるとすれば9/27(月))は・・・
・熊本市文化財課を招き、郷土文化財 についての勉強会
・不可の場合11/22(月)?
・竹田理事と事務局で準備進める
・9/27(月)でパレア会議室9での予約済ませる

2.事務局移転Bスタでの試行事業

(1)実施時期

①9月中旬~12月中旬を基本とし
②コロナ禍におけるBスタの状況も勘案しスタート時期を決める
③場合によっては年明けも
④しかし、来年度からの本格移行を考えると急ぐ面もある

(2)移行プログラム

・データの移行、クラウド化
・Bスタとの打合せ 4万円/月 に含むこと 含まないこと など
・倶楽部の使用
・備品の貸与

(3)コンセプト(基本的な考え方)

①作業の共同化・・・前向きな意見
②会報Newsの共同作業 など
③週2~3日の事務局常駐 ➡ 会計、フォルダ内DATAの整理等

3.News Letterの発行

①編集責任者を決める・・・宮野理事(既定方針)・・・すぐに依頼
②コピー印刷など簡易化して回数増やす ・・・ 前向きな意見
③郵送ではなくPDF化してメール配信希望を聞く(追)

4.中期戦略

(1)「結束点」をめぐって

①「結節点」だった(竹田)
②(追)災害後の「火の国会議」の役割りは大きい(非常時)←→(平時)KMT

(2)「まちづくり」をめぐって

①まちづくり協議会?まちなみ協議会?
※1980年代後半~2005年くらいまで活動していた(会長は故堀内清治氏)
熊本の産官学の建築関係者が結集し事務局を市・県が担っていた
②堀内先生は「まちなみ」にこだわっておられた
③KMTも「まちなみ」にこだわっているが、意味はもう少し広い
④着地点として「まちづくり」があることは重要
⑤KMTの活動が「まちづくり」に役に立つことは外からの評価の重要な点
⑥「まちづくり」とは、価値を共有しながらまちをよくする活動
・価値感の共有、危機意識の共有 ・・・熊本城は残っても城下町が消滅するかもしれない!
・とともに復興ビジョンを共有すること
⑦「まちづくり」の直接の担い手でないところが評価を得にくい点
⑧「結節点」、「触媒」であるので、成果が見えにくい

(3)「価値の共有」をめぐって

①文化財関係者の弱いところ
②)「価値の共有」に対してKMTが将来どのような役割りを担えるのか?

(4)企業にとってのメリット

①100年企業とKMTの親和性は高い
②KMTの全体の理念を企業向けに合わせる必要はない
③大きなキャッチフレーズと企業向けキャッチフレーズは分けたほうがよいかもしれない
④まちなか(中心市街地)への貢献、というとKMTに対する見方も変わるかも
⑤中活基本計画には当初から担い手としてKMTは位置づけられている(9章[3](2))
(追)9章[2](1)協議会の構成員58人の委員中41=熊本まちなみトラスト がある
(アドバイザーとして㈱人間都市研究所代表取締役 も入っている)
(追)【注】2021年度が基本計画5ヵ年の最終年→今後どうするかは見通しが立っていない

(5)対象領域を建造物に限定することへの異議

①「文化遺産」という表現には建造物以外の古美術・古文書・遺跡・史跡・祭りなどのソフトも含まれる
②「文化遺産」を活かしたまちづくり、といったシンプルなほうが通りがいいのでは(説明がしやすい)
③しかし、KMTの主要な対象を曖昧にすると外から見た場合にKMT像がはっきりしない

(6)賛助会員を増やす

①今の会員構成からするとアンバランス(理事は24人/賛助会員18人)
②古川さん(賛助会員を希望)のような例もある
③心情的に「賛助会員」になるような人は多い
④(追)イベント時に増やす工夫も
・参加費¥500徴収←→¥3000/年  の選択

5.その他(追)

①名簿(会員)管理
②非理事のファンクラブ会員のBスタ利用、または新町・わさもんやの積極利用
・高口さん、わさもんやオーナー
・ファンクラブの事務局機能

以上のとおり議事内容に相違ありません     令和3年8月30日

議 長 竹田副理事長 署名

議事録署名人 山田理事 署名
青木理事 署名

-お知らせ, 定例会・理事会報告

Copyright© NPO法人 熊本まちなみトラスト , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.